トップページ > 現金化への道筋

現金化への道筋

通信教材が買取業者に届いてから再度査定を行います。その通信教材がどういった状態なのかということを、現物をみて確認するわけです。最終的に、この段階で最終査定結果が出るということになります。その結果もメールによって連絡がきます。多くの場合、査定する通信教材が届いてから、査定結果が出されるまで1週間程度かかるようです。

最終査定結果がそれで満足という金額であれば、メールからサイトに入り、買取確定ボタンを押し、自分の口座情報を入力します。口座に買取のお金が入金されるのは、1週間から2週間程のようです。もし、最終査定結果に満足できないという場合、キャンセルボタンを押します。その際、通信教材は返送してもらうことになりますが、返送料は自己負担となるので注意が必要です。

最終査定結果が出てからそのままメールをほうっておくと、査定金額でよし、ということとなり、支払手続きに入ってしまうので、必ず最終査定結果を見るようにしましょう。

通信教材の買取の流れは以上です。非常に簡単でしょう?自分の家に使わずにそのままになっている通信教材があったら、捨てよう・・・という前に、通信教材の買取の査定だけでもやってみるといいですよ。ゴミになってしまうもの、自分には必要ないものでも、買取をしてくれるところが見つかるかもしれません。ちょっとした臨時収入になります!

関連エントリー
通信教材の買取とは?
オンライン査定から発送
現金化への道筋
流行りものを買取してもらう
通信教材の買取を選ぶ!
通信教材がたくさんある場合
買取業者をよく理解する
買取を利用するメリット
買取のデメリット